鉄模弄りの備忘録

老眼鏡と拡大鏡を併用して、Nゲージで遊ぶ61歳の備忘録

2017年11月

この81の屋根は、パンタのための凸があり、見苦しいので安易に削ってしまいました。

とりのさんぽ様にパンタのASSYを教えて頂いたが、見つけることが出来ないまま放置して早2年・・・

PS22パンタは、tomixのは碍子付き、katoのは碍子なし。
katoのパンタを使いたいが、ASSYで碍子もなく、銀河モデルの碍子は違うようで使えませんでした。
仕方なくtomixを使うことで再開しました。

パンタ台はtomixPS13から削って流用して作業の再開ですゥ~!イメージ 1

現在はこんな感じになりました。
イメージ 2
誘導用の手スリはkatoのは長く感じたので、tomixのを使用。

今回は、頑張って完成させないと・・・

いつも思うが・・写真に撮るとすごい粗がっ!!

さっそく買ってきました!
イメージ 1

交換します
交換前
イメージ 2

交換後
イメージ 3

お金がかかりましたが、見栄えはしました!400円投資の価値は...アリ?

車両の入線もない(買えない)ので、弄ってない車両の整備をしましょう!
・・・
って事でパンタを塗りました。
イメージ 1

スリ板の部分はメタリックブラウンを塗った後、スミ入れブラックで伸ばしてやると、なかなかいい感じに仕上がりました。
パンタバネとその辺りにもスミ入れしてあります。
イメージ 2

あれっ!?クモニのベンチレータが屋根と同色になってますね・・・
写して気づきました(-_-;)・・・交換するか?塗るか?交換がいいですね ^^)
イメージ 3



今まで車内にシートの表現をする方法は筆塗りでした。
今回は、ダイソーで買った色画用紙貼って表現してみました。

車両はkato 115系300番台。
車内色は水色ですね(灰色なら楽なんですが・・)。

まずは、全体に筆でエナメル塗料の明灰色を塗りました。

目標は簡単できれいに出来ることでしたが・・・
切ったり貼ったりと手間はかかりました。
イメージ 1

窓越しに見た感じは・・・。
イメージ 2

室内灯を付けてみました。
イメージ 3

イメージ 4

やはり筆塗りの方が良いのかな???
自己満足と効果は?微妙?う~~ん悩みます・・・

↑このページのトップヘ