鉄模弄りの備忘録

老眼鏡と拡大鏡を併用して、Nゲージで遊ぶ61歳の備忘録

2017年07月

暑かった三連休の16,17日は一歩も外出する事なく、迷走中のレイアウトの線路配置に没頭してました。
走らせて遊んでいた方が正解かも?・・・

大きさは1700×700mmで、
計画では、スイッチバックとリバース区間をと・・・カーブポイントで脱線ばかりで嫌になってや~~めた!
イメージ 1

KATOの鉄橋を購入してレイアウトに組み入れました。
姨捨駅を意識したプランへ・・・
イメージ 2

シンプルな線路配置の目論見は欲望に負けて・・・・

単線の非電化(外周)と電化(内周)とする事になりました。
奥行きを延長して770mmに。
イメージ 3

レイアウトのハイライトはここ?
イメージ 4

信号機もあります。
イメージ 5

もうこれで満足しましょうか!?
先は長いが・・・続ける事ができるのでしょうか?走らせるだけで終わるのか?自信が・・・

専らレイアウトの線路配置に迷走中。
久しぶりに車両を弄りました。
購入してから何年?やっと手をつけることができました。

初体験!
所属区のインレタとATS-Sマークと検査表記のインレタを付け・・・。
8両分付けるのに、足りないほどの失敗の連続!でした・・・(> <)。

インレタ保護のため半艶と艶消しの2種類のトップコートを吹きました。
艶消し車両はウェザリングを施しています。
イメージ 1

幌にも色差し
イメージ 2

キハ20系も三者三様で。
イメージ 3

全部で8両、手前がウェザリングした2両・・・汚しすぎたか!?
イメージ 4

最後にあ、あっ!!!間違えた!!!(>_<) もう遅い・・・(T_T)
イメージ 5

こだわらい・・・コダワラナイ!
遠くで見れば分からないと自分に言い聞かせています。
あ~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!(絶叫)



↑このページのトップヘ