鉄模弄りの備忘録

老眼鏡と拡大鏡を併用して、Nゲージで遊ぶ61歳の備忘録

2016年11月

katoの長野式D51が入線したので、三重連で遊んでみたくなりました。

まずは、前部のカプラーを替えなくてはなりません・・・。

私は、GMのナックル中をカットして使う事にしました。

イメージ 1

後は、少し緩いので、少量の接着剤を付けて穴に差し込むだけです。
左がGM、右が製品のままです。
イメージ 2


上から・・・
イメージ 3


連結器の高さは・・・
イメージ 4

高さも問題なしですね。
テンダーは付属のナックルです。

それでは試運転しましょう・・・
イメージ 5

R280は通過出来ました!

走行中~~ブレてすみません!が、かっこいいです(*^^)v
イメージ 7


昨日買ったkatoのカーブ鉄橋にのせて・・・
イメージ 6

イメージ 8

有名な伯備線の布原信号所のワンシーンを思い出します。



アメリカも熱い?一日でしたが・・・
私も熱い一日でした!

屋根を弄りました。

まずは、車体を分解して、雨ドイにゴムの表現をしました。

イメージ 1
明灰色で筆塗りを終えました。

車体を組んで・・・
イメージ 2
あまり目立ちませんが、私のこだわりです。

パンタをプライマー処理した後、ニュートラルグレーで吹きました。
イメージ 3

碍子と舟とスリ板に色差ししました。イメージ 4
赤色が良いアクセントになっていますが、ちょっと不揃いですね・・・(雑)

ベンチレーターも塗りましょう・・・
イメージ 5

昨日の午後から一日半・・・ご飯以外は工作!でしたぁ(^^)v~♪

ん~満足!やっとお風呂に入れます・・・

お顔が酷いマイクロを見限り、車体はKatoに。
しかし、車内シートの塗り分けと床下機器の表記のあるマイクロも素晴らしい。
という事でニコイチの工作をしています。

モーター車はKatoにしましたので、マイクロのモーター車の床下機器をバラバラにしてイモ付にしました。

シートは筆塗りし、頭の白カバーの表現を色差してみたが・・・フリーハンドのため汚いし、マスキングは面倒なので・・・^^;
どうしたら楽できるか?・・・
    .
    .
    .
そこで、エバグリの細い帯材を利用してみました。
イメージ 1
いいんでないかい?って事で・・・。

イメージ 2
帯材を斜めに貼っております。

イメージ 3
貼り終えました。

イメージ 4
車体を被せて・・・。

遠目には良さそうです!






↑このページのトップヘ