鉄模弄りの備忘録

老眼鏡と拡大鏡を併用して、Nゲージで遊ぶ61歳の備忘録

2016年05月

購入してから何年たったろうか・・・?小編成でも楽しめて、卓上で走らて遊んだED62!
1997年の製品?で型番は2137ですから・・・ね。リニューアルも出て、かなり古くなってしまいましたが、何とかカッコよくさせてあげたいです!

もとはこんな顔で、まずはカプラーをkatoナックルではなくシンキョウを利用して交換しました。
シンキョウカプラーは胴部分が長いのがネックですが私は結構気に入っています。
イメージ 1

製品に付いていたカプラーポケットの方を使いました。
これに、糸ノコで溝を入れてシンキョウカプラーを挿入しました。
イメージ 2

うしろ側は加工なしです。
イメージ 3

次に、スカートのコック類を削って、0.5㎜厚のプラ板で凸上部を塞いで灰色で塗装しました。
トミックスのジャンパーホースをつけて、コックに赤色を塗りました。
他に、KatoのAssyで解放テコを付けました。
イメージ 4

パンタを塗り、碍子、スリ板にはタミヤX34、信号炎管にもタミヤX12で色差し。
イメージ 5

ステップに白、内部に灰緑を色差して全体をウェザリングしました。
イメージ 6
後、出来れば手スリや信号炎管、ホイッスルカバーを別パーツするともっと良いでしょうね。
もう一つ是非したいこと!電球をLED電球色に換装・・・これは難題です!
球が切れるまでは弄りませんが・・・。
自己満足ですが、だいぶカッコよくなりました(^^)

ご笑覧ありがとうございました<m(__)m>

P・S写真を見ていてひとつ気づきました・・・
いつも参考にさせて頂いている『オフのデスクトップ』薫風様の作品のようにパンタバネにもスミ入れをしました。





前回の胴受けの部品で、車上子がカットして余ってますので、これをナナサンに付けてみました。

5ミリ厚のプラ板を土台にし、1.5ミリの穴を3ミリ間隔で開けました。
イメージ 1

組んで・・・
イメージ 2

車体に付けましたが、あまり目立ちませんね~(^^;)
イメージ 3

でも、色塗って見ましょう
イメージ 4

自己満足ですね・・・余剰品の簡単な工作でした。

前回、クモニ13を横浜線スタイルにしたてたので、ここはナナサンと連結して走らせたい・・・

しかし!!そのままじゃ連結できませんね(T_T)

クモニにトミの密連を付けたいけど・・・わたしには技量がない!(ネット検索でもないようです)
では、簡単に加工(カットだけです)してカトの密連を使います。
でもそのままじゃ・・・ちょっと工作してみました。

このパーツを使いました。
イメージ 1

いらないところをカットして、肉厚を薄~くするために削ります。
連結器側も削りました。
ゴム系で接着後に、OKなら瞬着でガッチリと・・・組み立てたら車体にゴム系で接着しました。
イメージ 2

色差しをして、正面から・・・あら~傾いてるね(^^;)ちゃんと確認したのに・・・
イメージ 3

高さは?キモチ高いですが、走らせても脱線しませんでした。
イメージ 4

連結してしまえば、ここは見えませんが、カーブだと胴受けが出っ張ります(^^;)
また先頭にたった時に、少しは見栄えがするのかな?って工作したしだいです。
カトーさんが密連をこんな感じに作って頂けるとありがたいです。

↑このページのトップヘ