鉄模弄りの備忘録

老眼鏡と拡大鏡を併用して、Nゲージで遊ぶ61歳の備忘録

2016年03月

自作の室内灯に初挑戦しました。

当初は夕庵式で行こうとしましたが、工作が・・・
安易な12V用LEDテープをAMAZONで買ってしまいました。
さて、これをどうやって、とりつけるかが問題です!
無い頭をおひねりしました^^
んで第1案がこんなかんじで・・・
何度も接触不良を克服しながら・・(^^;)何とか完成しました。
明るさも丁度いいかな?
イメージ 1

その中身は・・・抵抗の脚を突っ込んでを接点代わりに使います。
イメージ 2

イメージ 4

車体側
イメージ 3

素材はネット検索のものをマネしまして・・・(^^;)
電子パーツはLEDテープの他に、積層セラミックコンデンサー10㎌、シリコンブリッチ、1K抵抗×2。
バネはカプラー交換の残り。
抵抗が外から目についてしまいますね・・・黒で塗るか・・
また、他の方法を模索します。

今日も簡単な色差しをして楽しみました。

101系のドアに緩衝ゴムの表現するための色差しです。
エナメル塗料で筆塗りして、はみ出たら綿棒と楊枝を使って落とします。

ビフォーアフタ比較してみます。いかがでしょう?
イメージ 1

ちょっと薄く見えますが、肉眼では丁度良かったです。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

ついでにウェザリングも・・・
軽い工作でしたが、効果バツグンでした(^_^)v

昨日は天気が良かったので、パンタグラフを塗りました。
EF13とED16は、黒っぽい方がよいのか?やはり灰色か?迷いました。
が、ネット検索すると灰色かと・・・
色はタミヤのAS-7ニュ-トラルグレイです。

とくに今回は、信号炎管とパンタすり板部分に色差ししたことです。
信号炎管は薫風さんのブログを参考に、タミヤX-12ゴ-ルドリ-フなど使って色分けしてます。
パンタすり板部分はタミヤX-34メタリックブラウンで色差ししました。
イメージ 1

イメージ 2
パンタ全体をフラットブラックとダークグリーンを混ぜた色でウェザリングしてみました。
屋根全体とデッキ部をウェザリングマスターで汚しました。
イメージ 3

パンタだけ塗ったED16と・・・全検直後?
イメージ 4

イメージ 5

屋根につや消しトップコートし、ブレーキホースを付けれて完了としましょう(^^)


今日は、幌とパンタグラフの碍子に色差しです。

クモハ42の幌はAssyパーツZ04-7953に交換。さらにフラットブラックを筆塗りしたが、ちょっと効果に?…よって、もう一両は交換だけ。

イメージ 1

中間の幌は、ガイアカラー青15号とフラットブラックで
イメージ 2

また、パンタグラフの碍子をフラットホワイトで筆塗りしたが、細かくて雑になってしまった。
イメージ 3
あっ!信号炎管を塗り忘れてる~

遠目なら粗は目立たない?(^_^;)
イメージ 4

ジャンパ栓を付けて、ホースをフラットブラックで色差し。
イメージ 5

製品のままよりカッコよくなったかな?
こんなもんで満足しましょう。
もう少し手を加えたいです・・・ウェザリングなど。
また汚しすぎてしまいそうで・・・このままに??

大好きなkato飯田線に色差しをしてまーす!

まだジャンパ栓も付けてません…ダメだよね。

エナメル塗料で、筆塗りします。
塗ったところは
屋上ステップ、パンタ台とスリ板、信号炎管、ヘッドライト。母線は自信ないので、試しに少しだけ塗ってみました。

イメージ 1



( ^o^)<うわぁぁあ!パソコン机の上はには、大好きな車両がいっぱい!
katoさんに感謝ですヽ(^0^)ノ
お金もだいぶ使ったな・・・

イメージ 2



塗料が乾いたら、楊枝とカッターナイフを使ってはみ出た個所を取り除きます。

だいぶ良くなってきたかな?・・・


↑このページのトップヘ